NEWS

#130 クラウドサーカス BowNow 顧客を増やすその先にあるのは?

2021.01.13
ciseiブログ

こんにちは!

株式会社シセイです!!

 

コロナに寒波による大雪にまさに「猛威」が日本を襲っているように感じます。幸い、多くの方々がコロナ感染予防のため、手洗い・うがい・消毒の励行により、例年よりインフルエンザの流行が抑えられているのかなと個人的に思っていたりします。

 

そんな今日のテーマは企業が成長をし続けていくために?という原点に立ち帰った際にBowNowが必要になってくるのではないか?というご説明をさせていただけたらと思います。

では「企業が成長をし続けるためには・・・売上(利益)を生み出さなくてはいけません。」この答えに対して、どこから(誰から)売上を上げるかとなると、クライアント(顧客)からということになります。

では、顧客をつくるためには?という質問になると・・・新しく顧客になってもらわないといけません。→かんたんに書いていますが、これが営業活動で一番難しいところだと思います。BowNowを用いると、この活動がしやすくなるというわけです。

 

なぜなのか?かみ砕いてご説明させていただきます。(前回までは商品の特徴紹介だったのでニュアンスが異なる場合があります。)

みなさまは「SaaS」という言葉をご存じでしょうか?「software as a service」の略で、簡単に言うと、インターネット上でやりとりを完結して、その中で様々なサービスをご利用でき形態のことを指します。イメージしにくいかもしれませんが、ネット版のテーマパークを利用するような感じでしょうか?

 

これにより、手軽に安価に、必要な部分だけサービスを利用することができます。よくある営業ツールやコンサルティングサービスとは、ボリュームが多いけど、うちではこれはあまり必要ないな~みたいなサービスもあるかと思いますが、必要な分だけ利用できるため、安くサービス提供が可能です。

 

そして、マーケティング市場を見ても、コロナ前から囁かれていた「働き方改革」「ジョブ型雇用」により成果主義が色濃くなってきた世の中で、効率よく成果を出せる動きが必要となりました。

そのため、既存顧客・見込み客・新規企業などをすべてデータベースで管理することで、だれでも情報を共有しながら、必要とあらば接点を設け、必要とあらば情報を発信し、必要とあらばトライアルを試していただく・・・など多様な働きかけがお客様毎に行うことが容易となります。

 

これにより、お客様のニーズの先回りや、サービス提供がしやすくなり顧客獲得につながる動きが可能となるわけです。

 

次回は、導入実績に向けた課題と導入して成功している勝ち組についてご説明します。

 

 

では!

06-6147-7780 06-6147-7780